ケア中の女性

若々しい肌を保つ上で必須

若い人にも注目されている

女性

いわゆるアンチエイジング化粧品とも呼ばれているのが、若返り化粧品です。肌老化によって引き起こされる様々な見た目の変化に対して、有効なケアを行うことで、肌を若々しく保つことができます。当然肌の老化に悩みやすい比較的上の世代の人が多く関心を寄せていましたが、最近は若い人でもこれらの化粧品を用いてケアする人が増えており、今後も同様に全年代に広がっていくと予測されます。元々若返りのためのアンチエイジングケアは、年齢に関係なく肌にとって重要なケアです。肌の老化はすでに20代から始まります。各種保湿成分や皮脂の分泌量なども20代をピークに落ちていくので、次第に乾燥肌などに悩まされるようになります。少しでも早くその対策を打つためには、若い内から若返り化粧品を使うのは理に適っており、将来的にも定番のケアになるはずです。

鍵となるのが保湿成分

年齢肌には特に重要となるのが保湿です。保湿を怠ると肌のバリア機能が弱ったままのため、肌にダメージが蓄積して深いシワができたり、少なくなっていた保湿成分がさらに失われる可能性もあります。若返り化粧品は、その年齢肌の保湿を重点的に行います。そのために知っておきたいのが、有効な保湿成分についてです。化粧品には三大保湿成分と呼ばれるものがあります。1つ目がコラーゲンで、人の体内に存在するタンパク質の実に3割を占めており、保湿に大きな影響を与えています。2つ目の保湿成分が、ヒアルロン酸です。ムコ多糖類の一種であり、少しの量でも大量の水を保持する能力を持っています。そして3つ目が、細胞間脂質の成分の一種であるセラミドです。保湿が重要となるエイジングケアでは、これら三大保湿成分が必要とされており、若返り化粧品を選ぶ時にもこの成分に着目して選ぶのがテクニックです。